キリスト教で言うと洗礼を受けたときの洗名、いいかえればミドルネーム、一般的にはヨセフとかアブラハムなどがありますがおおざっぱではありますけれどもこれが仏教でいう戒名にあたります。

信徒となった方が生前に戒名をつけるのは気も落ち着くものですし、なにより自分の戒名がちょっとしっくり来なかったときは和尚に相談ができるでしょう。亡くなったときにだけにしか縁のなかった方はしっかりした戒名を受けることがよりむずかしくなります。戒名を正しく授与するにはその人物の生活を和尚さんがしっかり把握していることが必要です。

戒名はなくなった後につけるのではなく、生前につけると気持ちが楽になることが多いようです。
本来戒名は信者として仏道に帰依するものにつけられるのが戒名です。
五重相伝といって5日間お寺に通うことによって戒を授かり正式な信徒となります。




OO院
国の功労者、社会貢献者、寺院への大きな力を尽くした人に授与されます。
O誉
浄土宗特有のものです。五重相伝を受けた人に授与されるものです。
OO 
道号は芸道を行っていた方、茶道などを極めた方に送られる戒名です。

OO
正式にはこの二文字が戒名となります。
位号といいます。年齢や性別、信仰などによってつけられます。
水子、嬰子、孩子、孩女、童子、童女、信士、信女、禅定門、禅定尼、居士、大姉などがあります

わかりやすくしたために実際につく戒名とは違いますが上の小坊主さんは社会的に自然環境に貢献して、五重相伝もすばらしく修め剣道を極めた無量さんとなります。




無量寺アドレス copy rights all reserved. サイト案内 おしょうメールダイレクト プライバシーポリシー