無量寺は環境保全への取り組みも行ってまいります。
和尚は積極的に自然エネルギーを基にした活動を行ってまいります。

無量寺では世界にさまざまな厄難、争いをもたらすエネルギー問題をできることから解決していくために4kwの太陽光発電を設置計画中です。
節電を図るのはもちろんの事ですが、これを設置することによって自らのエネルギーを生産する第一歩としての環境問題への取り組みを積極的に行ってまいります。太陽が昇っている間にほとんどの無量寺内で使用する電気を生産し余った分は電力会社へ販売しさまざまな無量寺の活動の糧とできるように計画を実行中です。

環境への配慮だけではなく次世代によい環境をもたらす永代供養のかたちも模索してまいります。



次世代によりよい環境を残す永代供養のかたち

自然エネルギーをつかって積極的になくなられた後でも次の世代の地域の人たちなどに貢献ができます。
太陽光発電のパネルの購入費などに一部を使われると、原子力など決して安全とはいえない発電施設からの発電割合を少しでも少なくする功徳を残すことができるのです。
太陽光パネル自体は非常に長持ちするもので半世紀以上は持つもののようです。もちろんパネルが発電した電気を電力会社に売電して永代供養料とするほかにパネル交換時に必要なコスト分を積み立てて交換費用とすることにより半永久的な功徳を皆さんがお世話になった地域や環境へのお返しとして続けることができるように模索中です。






無量寺アドレス copy rights all reserved. サイト案内 おしょうメールダイレクト プライバシーポリシー