浄土教は法然上人以前からありましたが、念仏をとなえれば人間は等しく極楽に往生できるとする法然上人が浄土宗を開きました。阿弥陀仏の平等の慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏」と御名を称えて、人格を高め、社会のためにつくし、明るく安らかな毎日を送り、浄土に生まれることを願う信仰です。
迷いの多い凡夫である自分を灯明とするのではなく、最上の境地に既に達せられた阿弥陀如来に南無阿弥陀仏と念仏を唱えることをもって帰依することで心の海を漂う自我の錨とし覚りに達する道を説く教えです。

浄土三部経は三つのお経から成り立っています。

無量寿経

法蔵菩薩が一切の衆生の救済を誓願(本願)し、偉大な菩薩行を行って、阿弥陀如来が悟くまでに立てた誓願の成り立ちと極楽浄土の世界が表されてます。仏になろうと志すものが仏にならなければ自分も仏にならないという願いが述べられています。

観無量寿経

マガダ国の太子である阿闍世(あじゃせ)が提婆達多(だいばだった)にそそのかされて、父の頻婆娑羅(ビンビサーラ)国王を幽閉する「王舎城の悲劇」から始まる経典。精神浄土に達するてだてとして、十六の観想が記されています。

阿弥陀経

極楽浄土のありさまを表したお経です。

さらに詳しく知りたい方は浄土宗のページもごらんになるとよいでしょう。
無量寺で学んでみたい方は学び無量寺のページをどうぞ。






無量寺アドレス copy rights all reserved. サイト案内 おしょうメールダイレクト プライバシーポリシー